a58
1.2019/01/04(金) 08:55:51.21

2018年、NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインを演じて大躍進を遂げた女優の永野芽郁。
彼女の快進撃は、朝ドラからさかのぼること約1年前、あるドラマから始まっていた。?

それは、2017年7月期に放送された関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』、通称『僕やり』である。
それまでも映画では主演やヒロインを務めたことはあったが、ゴールデンタイムのドラマヒロインは同作が初。
しかも、ただの胸キュンラブストーリーではなく、軽い気持ちで仕掛けたいたずらで人の命を奪ってしまい、
逃亡を続ける主人公に思いを寄せる女子高生役と、なかなかヘビーな役柄に挑戦していたのだ。?

放送当時話題となったのは、主人公・トビオを演じた窪田正孝との過激シーンの数々。撮影時、永野は17歳の現役女子高生。
対する窪田は28歳と、実に11歳差ながら、濃密なキスシーンをはじめ、制服を脱いで素肌を大胆に露出するベッドシーンなどを披露し、体当たりの演技がネット上で大きな話題を呼んだ。

すでに朝ドラヒロインを演じることが発表されていたため、一部ファンからは「次期朝ドラヒロインがこんなことして大丈夫?」と心配の声も上がるほど。
視聴率こそふるわなかったが、関連ワードが次々とトレンド入りを果たすなどSNSは相当な盛り上がりを見せ、その女優魂を視聴者に印象づけた。?

窪田をはじめ、経験豊富な年上キャストらに囲まれた現場だったこともあり、
永野本人もクランプアップ後に「(先輩たちが)かっこよすぎて大きすぎて 私には無理だなって思った」と、ブログで葛藤があったことを明かしている。?

しかし、続けて「一言じゃ言えないけど 簡単にまとめられないけどお仕事しててよかった」「僕やりの世界で生きれて 皆さんに出会えて 本当によかった」(原文ママ)と熱く語っており、
永野にとっても転機となる作品となったようだ。?

その後の活躍は言うまでもない。『半分、青い。』は賛否を呼んだものの、永野自身の演技は好評で、相手役の佐藤健も「大スターになる」と太鼓判を押すほどだ。
次回作として2019年1月スタートの『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)が控えている彼女。
持ち前の根性と確かな演技力で、新たな魅力を見せてくれるに違いない。?

http://dailynewsonline.jp/article/1638129/
日刊大衆

a55



5.2019/01/04(金) 09:00:28.82

いいケツだよ
6.2019/01/04(金) 09:02:25.01

この役はあってた
17.2019/01/04(金) 09:17:03.86

キスシーンしたことない女優っているの?
83.2019/01/04(金) 15:58:07.86

朝ドラに出ると出ないじゃ扱い全然違うんだな

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546559751