a56
1.2020/01/29(水) 19:48:40

欅坂46の菅井友香が29日、東京都・新国立劇場にて初主演舞台「飛龍伝 2020」の公開ゲネプロに参加した。

原作の小説「飛龍伝」は、来年没後10年を迎える劇作家・つかこうへいさんの隠れた名作として愛された代表作の1つ。
これまで初代の富田靖子をはじめ、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子、黒木メイサ、桐谷美玲と名だたる女優が演じてきた。

菅井が演じるのは、劇中に登場する全共闘40万を率いる女委員長で、歴史的文学作品の伝説のヒロイン・神林美智子。
これまでの女優陣同様、紅一点でありながら、激しいアクションやラブシーンにも挑戦する。

女優・菅井友香、卓越した表現力に息を呑む
この日の囲み取材で石田明が「声もそうだし、感情もどんどん振れ幅が大きくなっていて。だから公演始まってからも、さらに良くなると思います」と期待をよせていた通り、ゲネプロで見せた姿は、初舞台とは思えぬ表現力で魅了する“女優・菅井友香”。
歴代の名女優たちに仲間入りするにふさわしい堂々たる佇まい。

愛に翻弄される美智子が持つ純粋がゆえの狂気と優しさ、その紙一重の差を丁寧に、全力で演じる菅井からは、普段の柔らかい雰囲気をまとい、少しおっちょこちょいな姿が想像出来ないほど。
涙を流しながら訴えかける場面では、報道陣も息を呑んでいた。

菅井友香、体当たりの演技
また、石田や味方良介との抱擁、キスシーンなども、欅坂46の活動とはまた違い新たな菅井友香の表現力が光った場面だった。

もちろん歌やダンスは独擅場。
普段から激しい踊りに慣れているからか、アクションも男性顔負けのキレと迫力で、これから女優として飛躍していく大きな可能性を見せつけた。

菅井友香「今度はキャプテンとして…」
囲み取材では、「この座長という有り難すぎる経験を活かして、グループにもちかえって、今度はキャプテンとしてみんなを“美智子”のように引っ張っていけるように頑張りたいです」と言葉に力をこめていた菅井。
彼女の言葉通り、「飛龍伝2020」が菅井自身に、そしてグループにどんな影響を及ぼすか楽しみだ。

なお、同舞台は、東京・新国立劇場中劇場にて1月30日~2月12日(1月29日はプレビュー公演)、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホールにて2月21日~2月23日まで上演される。

http://mdpr.jp/news/detail/1951480

菅井友香初主演舞台「飛龍伝 2020」 キスシーン公開















菅井友香主演「飛龍伝2020」



欅坂46 キャプテン菅井友香





4.2020/01/29(水) 19:51:09

こういうの誰も得しないよな
なんかの罰ゲーム?
6.2020/01/29(水) 19:51:34

石田うらやましい
122.2020/01/30(Thu) 08:35:53
>>6
嘘つけ、「菅井うらやましい」だろ
23.2020/01/29(水) 19:56:41

この舞台セックスシーンもあるんだよ(´・ω・`)
33.2020/01/29(水) 19:59:37

欲張りセット

a55

40.2020/01/29(水) 20:03:35
>>33
ベロチューやん
43.2020/01/29(水) 20:06:45
>>33
こうなる流れを教えてほしい
65.2020/01/29(水) 20:41:22.89
>>33
唇噛まれて痛そう
50.2020/01/29(水) 20:15:42.82

アイドルでも仕事ならキスが許される風潮
56.2020/01/29(水) 20:25:20.83

20回以上キスしたらそりゃ恋に落ちますやん
66.2020/01/29(水) 20:44:28.10

舞台って必ずキスさせるもんな
74.2020/01/29(水) 21:04:54

勃起しながら叩くお前らwww
102.2020/01/30(Thu) 01:16:09

ノンスタイルとキスわろたw
116.2020/01/30(Thu) 07:09:48

処女なのに大変だな

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580294920